• Home
  • /
  • 就職支援は、学校等でしてくれます

就職支援は、学校等でしてくれます

就職支援というのは、高校生もしくは学生等(大学、短大、専門学校に通う学生のこと)の就職を学校側がしてくれることを意味します。就職を支援してくれるのは、特に専門学校等が目立ちます。専門学校等の場合、面接の受け方とかビジネスマナーを学ぶことができたりします。就職を支援します、という文言がサイト上に明記されています。これは見逃せないでしょうし、学生等は就職活動をする際に少なからず学校側に相談をしてカウンセリングを受けて、支援を受けることが多いそうです。高校の場合、進路指導室で教職員からアドバイスを受けることになります。大学の場合、学内に在る就職課で個々の学生が個別に相談を受けて支援されることがあります。また、高校生の場合、ヤングハローワークや若者就職支援を活用すると良いかもしれません。既卒者の場合、専門学校等に再入学するかヤングハローワーク等を活用することになります。思うに、専門学校等に入学する方が就職の支援を活用することができるので、こちらの方を利用すると良いでしょう。

スマートフォンアプリで就職支援サービスを活用

今年に入ってから日本経済は少しづつ景気の回復が期待されています。一部の輸出企業や業界の大手企業などに限定されていますが、株価の上昇などに繋がっているためにさらなる景気回復が見込まれているのです。そのためにこれまでは新規事業などを凍結・縮小してきた企業においても積極的なビジネス展開を始めているケースも増えています。そのためにこれまで新規採用などの採用活動を控えてきた企業なども人手不足から積極的な人員採用を加速させているのです。そのために学生や転職希望者にとっては絶好の機会ですので積極的な就職活動を行う機会となっています。最近では公的な就職支援なども充実してきていますし、支援会社などにおいてもスマートフォンアプリを提供するなどの充実したサービスを提供されているのでこのようなものを上手く活用することでスムーズな活動を行うことが出来るのです。

大阪市が行う就職支援

私は大阪の企業で働いています。最近は、大阪市が就職支援の名目で、新卒や第二新卒を中心にした事業を行っているようです。複数の人材派遣会社と提携し、求人を出したいがお金がない企業を集めて、マッチングイベントを開催するのです。そこは企業の担当者と、就職したい若者が集まるイベントで、最初に会社が個別にPRをして、その後希望者が興味のある会社のブースに話を聞きに行くというパターンのようです。ただ、本当に力のある人材であれば自力で就職を決められるので、そういったところに参加しているのはどこか力が足りなかったり、資格はあるけどコミュニケーション力が足りないといった人も多いです。でも、だからこそ、1~数ヵ月の体験期間を経て成長する子や、たまたま性格がその企業に一致して続くこともあるようで、就職の機会の提供という意味では一定の効果があるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top