新規就農に参入してくる若い力達

農家の跡継ぎがいなく、高齢になってしまって、農業を辞めてしまうことが増えています。なり手がいないと、農地は手入れされることなく、放置されてしまいます。人の手が入らないと、荒れ地となってしまいます。また、農業を長年してきた、ノウハウも次の世代に伝わることがなくなってしまいます。そんな農業ですが、若い世代が農業に興味を持ち、新規就農を目指し、研修や農地を借りたりしています。また、期間は決まっていますが、補助金をもらうこともでき、経営の安定を目指します。最近できている、直産市場も大きな役目を果たしています。形が悪くても販売することができ、家庭菜園の用に苗を販売する道もあります。個人で、農園を借りたり、庭の空きスペースで、野菜を作る人達がいます。彼らは、美味しい野菜を知っているので、傷や形が悪くても、味で判断してくれます。

新規就農する方が日本中で増えてきています

新規就農する方が日本中で増えてきています。その理由は、日本は輸入に頼らなければ、生活が成り立たない国です。自給率を少しでも上げる為に、若者を中心に農業に参入する方が増えてきています。また、近年食の安全が大きな問題となっています。日本で作られた物は、高品質の野菜が多く、安全面にも配慮しているので、国内産の野菜しか買わない方も多くいて、根強い人気があります。福島原発事故以降、食の安全に関しては、さらに敏感になっていて、問題解決の為に新規就農する方も増えています。さらにTPPなどの問題もあり、日本の農業が危機的な状況になりつつあり、日本の農業を守る為に参入する方が多くいらっしゃいます。もしも、輸入が止まってしまったら、日本の農業が衰退してしまうことは、とても危険な状況と言えます。新規就農者が増えることはとても良いことです。

新規就農をして野菜を育てましょう

これから社会に出る人が目指している多くは、企業に勤めてパソコン操作をすることです。これが働くという世間のイメージで、これがお金を稼ぐ方法としては当たり前になっています。世の中には多くの業種があるので、パソコン操作をすることだけが仕事ではないです。人とは違った仕事をしたいのなら、新規就農をして農業をすることで、一般的な生活から離れることができます。今までとは違った生活になるので、味わったことのないリズムで生きていくことになります。企業に勤めると辛い人間関係を強いられるので、かなりストレスを溜めることになります。農業は人間ではなく、野菜などと付き合っていくので、人との辛い関わりが無いです。新規就農をすることで、他の人には体験できない生活リズムを味わえ、多くの知識を取り入れられるので、人生勉強になります。

これまで多数の農業求人情報を取り揃え、多くの就農活動中の方をサポートして参りました。 農業インターンシップや、農業体験をしつつ婚活ができるイベントなど農業に関するイベントが盛りだくさんあります。「あぐりーんキャリア」の登録費は無料です。 農業体験情報を豊富に掲載しております。 ご希望にあった農業のお仕事を探すことができます。 稲作や酪農などの人気の農業求人情報も多数掲載。 人気の農業求人情報多数掲載!新規就農の方も歓迎!